四季花鳥図/上村淳之の商品詳細

クレジットカードでご購入のお客様へ




 
 
   種類別検索 > 絵画 > 四季花鳥図/上村淳之
 
 <前の商品 四季花鳥図/上村淳之  次の商品
 
四季花鳥図/上村淳之 四季花鳥図/上村淳之 四季花鳥図/上村淳之
四季花鳥図/上村淳之 四季花鳥図/上村淳之 四季花鳥図/上村淳之
クリックすると商品が拡大表示されます。
 
作家名 : 上村淳之
商品番号:AR-UA40
販売価格 : 172,800 円(税込)
数量


作品・商品についてのお問い合わせやご質問は、
信頼・安心のアートアドバイザーが承ります。
■メールをご利用の方はコチラをクリック
■お電話はフリーダイヤル0120-473-731まで
 
 

作品解説

―画家の夢みる世界の誘い―美の系譜・上村淳之が描く心やすらぐ珠玉の花鳥画

■大阪新歌舞伎座緞帳原画 ■監修/上村淳之・松伯美術館 ■限定制作三百部



【傘寿記念】 四季花鳥図 上村淳之 筆


平城山のアトリエの庭に四季折々訪ねてくる小鳥達をテーマにそこに繰広げられる花鳥の世界です。過去、風景画として四季を描いたものは絵巻物として多く残されていますが、花鳥をテーマとしたものは、ごく稀であろうかと思います。具体空間ではなく象徴化された世界は日本画独自のもの。私の夢想した世界にお誘いできればとの思いであります。―上村淳之―

美の系譜・上村家の三代目として、東洋画の伝統的精神を重んじつつ独自の画境を築いてこられた日本画家・上村淳之画伯。花や鳥たちを自然界の象徴として、時間や空間を表す主役として描いた作品は、清澄で香り豊かな一点の卑俗なところのない「真・善・美」の世界を表出しています。ご案内の本作『四季花鳥図』は、2010年にオープンとなった大阪新歌舞伎座の緞帳の原画として描かれた作品。移ろいゆく四季の花や鳥たちが銀色の一枚のキャンバスの全面にわたり、実に巧みに構成配置されており、たいへん華やかで上品な、心やすらぐ珠玉の花鳥画に仕上げられています。このたびこの名作を、松伯美術館監修のもと、数々の巨匠作品を手がける共同印刷(株)が、高精度なデジタル加工技術“彩美版(R)”とその上から一作一作手作業で施されたシルクスクリーンにより、原画のもつ微妙なニュアンスや臨場感はもちろん作家の筆遣いまでをも見事に再現いたしました。額装は落ち着いた中にも高級感が漂う特製木製銀泥仕立てで、作品の魅力を一層引き立てています。ぜひこの機会にご所蔵くださり、上村淳之画伯が夢想する美の世界をご堪能ください。

◎額裏に松伯美術館の監修印と限定番号が入れられた奥付シールが貼布されています。


彩美版(R) シルクスクリーン手刷りとは

「彩美版(R)」とは、最新の画像処理技術と高精度プリントの上に、熟達の職人の手作業(工芸技法)を加えた温かみのある新時代の複製技法です。綿密な筆致で描き込まれた画面の質感までも忠実に再現。豊かな色調はもちろん、画材の質感に至るまで“絵の鼓動”といわれる要素を、十分に表現しております。
「彩美版(R)」は共同印刷株式会社の登録商標です。

作品詳細情報

品番 AR-UA40
作品名 四季花鳥図 (限定制作/300部 )
作家名 上村淳之
技法 彩美版(R)シルクスクリーン手摺り
サイズ 縦25.2cm×横65cm
額・軸寸 縦41.4cm×横81cm
重量 約2.3kg
額縁 木製額銀泥仕上げ
付属品 黄布袋・吊紐
証明 監修者検印入り証紙を額裏に貼布
監修 上村淳之・松伯美術館
解説 上村淳之
原画所蔵 近畿日本鉄道株式会社
発行 共同印刷株式会社
納期 受付後3週間前後
(納期のご質問・ご要望等承ります。)

作家プロフィール

1933年  上村松篁の長男として京都に生まれる。
1956年  「水」が第20回新制作協会展に初入選。
1957年  京都市立美術大学日本画科を卒業。
1968年  第32回新制作協会展で新作家賞を受賞、新制作協会会友となる。
1979年  「晨�鵯」「晨�鵺」が昭和53年度文化庁買上げとなる。
1984年  京都市立芸術大学教授となる。
1992年  第10回京都府文化功労賞を受賞
1995年  第21回創画展出品作「雁金」で日本芸術院賞を受賞。
1999年  京都市立芸術大学副学長に就任。(2004年退任)
2002年  日本芸術院会員となる。
2010年  平城遷都1300年記念事業として復元された大極殿正殿の壁画を完成。
      大阪新歌舞伎座緞帳原画『四季花鳥図』を制作。
2011年  東京歌舞伎座緞帳原画「水辺の四季」を制作。
 
 
 
 
 
  氏名 : 評点 :
内容 :
入力された顧客評価がありません