花はんが 【白南天】の商品詳細

クレジットカードでご購入のお客様へ


 
 

フォーラムかや
インターネット通販係

〒550-0015
大阪市西区南堀江2-9-20
■TEL:0120-473-731
(フリーダイヤル)
カタログ・商品のお問い合せなど、お気軽にご連絡下さい。





 
 
   今月のおすすめ作品 > 花はんが 【白南天】
 
 <前の商品 花はんが 【白南天】  次の商品
 

花はんが

花はんが 【白南天】 花はんが 【白南天】 花はんが 【白南天】 花はんが 【白南天】 花はんが 【白南天】
花はんが 【白南天】 花はんが 【白南天】 花はんが 【白南天】 花はんが 【白南天】 花はんが 【白南天】
クリックすると商品が拡大表示されます。
 
作家名 : 河原崎奨堂
商品番号:AR-HH04
販売価格 : 36,000 円(税込)
数量


作品・商品についてのお問い合わせやご質問は、
信頼・安心のアートアドバイザーが承ります。
■メールをご利用の方はコチラをクリック
■お電話はフリーダイヤル0120-473-731まで
花はんが 【しだれ桜】【山桃】【山葡萄】【白南天】4点セット/葛原 輝,河原崎奨堂

花はんが 【しだれ桜】【山桃】【山葡萄】【白南天】4点セット/葛原 輝,河原崎奨堂

123,500円(税込)

花はんが 【しだれ桜】/葛原 輝

花はんが 【しだれ桜】/葛原 輝

36,000円(税込)

花はんが 【山桃】/葛原 輝

花はんが 【山桃】/葛原 輝

36,000円(税込)

花はんが 【山葡萄】/河原崎奨堂

花はんが 【山葡萄】/河原崎奨堂

36,000円(税込)

 
 

作品解説

自然とのふれあい 四季のいろどりを飾る 〜上質のインテリアアート〜
手摺木版画『花はんが』


1点1点、当ギャラリーのオリジナル額装でお届けいたします。

美しい花々の自然な姿をそのままに、見事に写しとった原画から一流の彫師と摺師が一枚一枚丁寧に手摺りの木版画として仕上げました。木版画ならではの繊細な表現が花々の魅力を余すところなく伝えています。お気に入りの空間やちょっとしたスペースを上品な雰囲気に演出し、お誕生日やお世話になった方へのお礼など、プレゼントとしてもお喜びいただけます。作品を引き立てる上品な白木のパネル額に納め、和洋を問わずどんなインテリアにもマッチする『花はんが』。1点からお求めいただけ、もちろん四季を通じて楽しめる4点セットもおすすめです。それぞれお求めやすく、さらに4点セットなら特別セット価格でご提供いたします。

■10枚以上の手彫り版木と15回以上の手摺りによって制作された木版画の逸品。
■日本の四季を鮮やかに彩る花々が、美しい木版画になりました。

創業明治24年の日本で唯一の手摺木版和装本を刊行する出版社“芸艸堂”が手がけた『花はんが』。生き生きと咲き誇る花々の表情が一年を通して楽しめ、また、上質のボタニカルアートとしてもご満足いただける一級のインテリアアートです。

[春] 原画制作・葛原輝 【しだれ桜】花言葉「優美」 ご購入はこちら→
[夏] 原画制作・葛原輝 【山桃】花言葉「ただ一人を愛する」 ご購入はこちら→
[秋] 原画制作・河原崎奨堂 【山葡萄】花言葉「思いやり」 ご購入はこちら→
[冬] 原画制作・河原崎奨堂【白南天】 花言葉「福をなす」 ご購入はこちら→

[春][夏][秋][冬] 花はんがで四季を飾るお得な4点セット ご購入はこちら→


四季の花々を彩り鮮やかに表現する“芸艸堂(うんそうどう)”の木版画
芸艸堂は明治24(1891)年に、木版摺技法による美術出版社として京都で創業。屋号は初代が富岡鉄斎より「芸艸は香りくさ」という書を拝受したことから名づけられました。芸艸堂には版木の蔵があり、版木の数は数万枚ともいわれています。芸艸堂が所蔵する版木は伝統を未来に伝える貴重な資料であり、今も生きた印刷の道具として使用され、熟達の職人たちにより丹念に摺り上げられた作品の数々は、格別の色の美しさを誇り、私たちの目を楽しませてくれています。


作品詳細情報

品番
AR-HH01
AR-HH02
AR-HH03
AR-HH04
作品名
花はんが
【しだれ桜】
ご購入はこちら→
花はんが
【山桃】
ご購入はこちら→
花はんが
【山葡萄】
ご購入はこちら→
花はんが
【白南天】
ご購入はこちら→
作家名
葛原輝
(くずはら てる)
河原崎奨堂
(かわらざき しょうどう)
税込価格
 
4点セット特別価格の ご購入はこちら→
技法
手摺木版画(多色摺)
用紙
生漉越前奉書(人間国宝9代岩野市兵衛漉元)
サイズ
縦36.5cm×横24cm
額・軸寸
縦48cm×横24cm
額縁
特製木製パネル額
納期
受付後3週間前後
(納期のご質問・ご要望等承ります。)

作家プロフィール

『しだれ桜』『山桃』 葛原輝(くずはら てる)
自由学園高等美術科で木村荘八に師事し春陽会に入る。山川秀峰塾に入門し、日展初入選以来通算20数回を経る。伊東深水門下として、草花を題材にした優美な作品を数多く発表している。

『山葡萄』『白南天』 河原崎奨堂(かわらざき しょうどう)
京都市下京区生まれ。幼少より画を好み、日本画を竹内栖鳳門下・芝原希象に学び細密優美な独自の日本画の境地を開拓した。一方、染織作家・山本雪桂に師事し、多くの京都派の日本画家が通る道程としての繊細華麗な友禅模様の研究にも従事した。
 
 
 
 
 
  氏名 : 評点 :
内容 :
入力された顧客評価がありません