野月/上村松篁の商品詳細

クレジットカードでご購入のお客様へ


 
 

フォーラムかや
インターネット通販係

〒550-0015
大阪市西区南堀江2-9-20
■TEL:0120-473-731
(フリーダイヤル)
カタログ・商品のお問い合せなど、お気軽にご連絡下さい。





 
 
   今月のおすすめ作品 > 野月/上村松篁
 
 <前の商品 野月/上村松篁  次の商品
 
野月/上村松篁 野月/上村松篁 野月/上村松篁 野月/上村松篁
野月/上村松篁 野月/上村松篁 野月/上村松篁 野月/上村松篁
クリックすると商品が拡大表示されます。
 
作家名 : 上村松篁
商品番号:AR-UK17
販売価格 : 194,400 円(税込)
数量


作品・商品についてのお問い合わせやご質問は、
信頼・安心のアートアドバイザーが承ります。
■メールをご利用の方はコチラをクリック
■お電話はフリーダイヤル0120-473-731まで
 
 

作品解説

彩美版(R) 複製画
文化勲章受章 上村松篁 筆『野月』
監修 上村淳之/原画所蔵 古川美術館

遠い記憶を呼び覚ます秋の野の情景

「本図は松篁が描く秋の野の情景です。ここに見られる銀の月光と秋草は、平安以来日本人に愛でられてきた取り合わせです。時としてどこか遠い記憶を呼び覚ますような銀は、追憶の色として好まれてきました。しかし、日本画の伝統である余白の美を追い求めた松篁は、ここで銀よりも透明な光りを放つプラチナ箔を用い、より澄み切った秋の空気と月のさやけきを強く印象づけています。その光りに照らされて、風に揺れる桔梗とススキの葉。桔梗の葉茎の墨の滲みやぼかしで端正に描かれており、対照的に花は青紫と白でくっきりと彩られています。そこには派手さはなくとも凛とした情趣が溢れ、桔梗の美しさを際立たせます。」      (古川美術館解説文より抜粋)

松篁画伯が生涯追い求めた“余白の美”を存分に味わえる逸品

親子二代にわたり文化勲章を受章し、日本画壇の重鎮としてご活躍された上村松篁画伯。伝統的な写実をもとに、現代花鳥画と呼ぶにふさわしい日本画の新基軸を確立されました。
ご案内の『野月』は、自然に対する深い愛情が、美しくも緻密な筆致で描かれた格調高い名作です。銀色の光りを放つ月と、ススキや桔梗などの秋草が、画伯ならではの絶妙な空間構成で配され、見事な“余白の美”を生み出し、昔から日本人がもつ美意識と重なり、どこか懐かしい心の奥底にある記憶を呼び覚ましてくれます。

このたび、上村淳之画伯監修のもと、共同印刷(株)の最新技術により原画のもつ絵の鼓動まで忠実に再現。銀色に輝く月光には箔貼りを施し、澄み切った空気までも感じ取っていただけます。
額装は上品で落ち着いた雰囲気の木製金泥仕上げ。画面、マット、額縁が美しくまとまり、作品の魅力を一層ひきたたせています。ぜひこの機会にご所蔵いただき、お手元で心ゆくまでご鑑賞くださいますようおすすめいたします。特別許可により限定制作200部のみ。

所蔵先である古川美術館の正式認可を受け、上村淳之画伯監修のもと制作されました。額裏には限定番号の入った奥付シールが貼付されます。

彩美版(R)とは

『原画のもつ微妙なニュアンスや作家の筆遣いといった
絵の鼓動までも忠実に表現。』


画材の質感と豊かな色調。共同印刷の「彩美版(R)」複製画は、“絵のいのち”ともいえるそれらの要素を十分に表現するために生み出された、画期的な技法により制作しております。最新の画像処理技術と高精度プリントに、職人の手作業(工芸技法)を加えた新時代の複製技法です。


作品詳細情報

品番 AR-UK17
作品名 野月(のづき)限定数/200部
作家名 上村松篁
技法 彩美版(R)シルクスクリーン・箔貼り
用紙 版画用紙
額縁 木製金泥仕上げ、アクリル付き、クロス貼りタトウ入り
画寸 縦39.2cm×横52.2cm
額寸 縦60.3cm×横73.3cm
重量 (約)4.2kg
付属品 黄布袋・吊金具・紐付き
■監修/上村淳之 ■解説/古川美術館
■原画所蔵/古川美術館
■発行/共同印刷株式会社
納期 受付後3週間前後

作家プロフィール

1902年  美人画の巨匠・上村松園の長男として京都に生れる
1921年  第3回帝展に初入選
1928年  第9回帝展にて「蓮池群鴦図」が特選となる
1930年  京都市立絵画専門学校(現・京都市立芸術大学)研究科を卒業
1933年  帝展無監査となる
1949年  京都市立美術専門学校教授となる
1953年  「春」が外務省買い上げとなり、ユーゴスラヴィア連邦共和国に寄贈される。京都市立美術大学教授となる
1967年  「樹下幽禽」に対して、日本芸術院賞が授与される
1968年  新宮殿千草の間に、宮内庁御用画「日本の花・日本の鳥」を制作
1981年  日本芸術会員に推挙される
1983年  文化功労者として顕彰される
1984年  文化勲章を受章
2001年  逝去。享年98歳
 
 
 
 
 
  氏名 : 評点 :
内容 :
入力された顧客評価がありません