『金太郎』額装版/守屋多々志の商品詳細

クレジットカードでご購入のお客様へ


 
 

フォーラムかや
インターネット通販係

〒550-0015
大阪市西区南堀江2-9-20
■TEL:0120-473-731
(フリーダイヤル)
カタログ・商品のお問い合せなど、お気軽にご連絡下さい。





 
 
   種類別検索 > 絵画 > 『金太郎』額装版/守屋多々志
 
 <前の商品 『金太郎』額装版/守屋多々志  次の商品
 
『金太郎』額装版/守屋多々志 『金太郎』額装版/守屋多々志
『金太郎』額装版/守屋多々志 『金太郎』額装版/守屋多々志
クリックすると商品が拡大表示されます。
 
作家名 : 守屋多々志
商品番号:AR-MT100
販売価格 : 99,000 円(税込)
数量


作品・商品についてのお問い合わせやご質問は、
信頼・安心のアートアドバイザーが承ります。
■メールをご利用の方はコチラをクリック
■お電話はフリーダイヤル0120-473-731まで
 
 

作品解説


腕白(やんちゃ)な金太郎を憧憬の思いを込めて描く、
守屋画伯のその、暖かなまなざし。第34回春の院展出品作『金太郎』

額装『金太郎』守屋多々志作

小さな金太郎の堂々とした態度と、上目遣いでユーモラスな表情の対比が面白い。しかしその眼差しは、更なる高みを見据えるが如くにも見受けられ、終生画業の向上を目指していた守屋の心を反映したものと見て取ることもできるのではないだろうか。(大垣市守屋多々志美術館学芸員 川瀬邦聡・解説より抜粋)

軸装『金太郎』守屋多々志作は、 こちらのページへ

作品詳細情報

品番 AR-MT100
作品名 金太郎(額装)
作家名 守屋多々志
技法 彩美版(R)、シルクスクリーン印刷併用
用紙 和紙
画寸 幅44.5cm×高さ35.9cm
軸寸 幅62.8cm×高さ54.1cm
落款 額縁に著作権者印・通し番号
付属品 黄袋・吊紐
納期 受付後2週間前後

作家プロフィール

1912(大正元年)岐阜県大垣市に生れる。本名は正。
1930(昭和5年)岐阜県立大垣中学校卒業後、上京し、前田青邨に師事。
1931(昭和6年)東京美術学校(現・東京芸術大学)日本画科に入学。
1941(昭和16年)再興第28回院展に「継信忠信」が初入選。
1943(昭和18年)再興第30回院展に「陸奥の宿」が入選し、院友に推挙される。
         雅号を「多々志」とする。
1979(昭和54年)『金太郎』を制作(第34回春の院展出品)。
1980(昭和55年)日本美術院評議員となる。
1981(昭和56年)カトリック教会東京大司教区の依頼により、屏風「ジェロニモ天草四郎」を
         制作。ヴァチカンでヨハネ・パウロ2世に謁見し、献呈する。
1996(平成8年)文化功労者の顕彰を受ける。
2001(平成13年)大垣市守屋多々志美術館開館。文化勲章受章。
2003(平成15年)逝去。享年91歳。
 
 
 
 
 
  氏名 : 評点 :
内容 :
入力された顧客評価がありません