肉筆掛軸『恩徳讃』尺五立/佐々木涼風の商品詳細

クレジットカードでご購入のお客様へ


 
 

フォーラムかや
インターネット通販係

〒550-0015
大阪市西区南堀江2-9-20
■TEL:0120-473-731
(フリーダイヤル)
カタログ・商品のお問い合せなど、お気軽にご連絡下さい。





 
 
   種類別検索 > 掛け軸 > 肉筆掛軸『恩徳讃』尺五立/佐々木涼風
 
 <前の商品 肉筆掛軸『恩徳讃』尺五立/佐々木涼風  次の商品
 

御仏事掛軸

肉筆掛軸『恩徳讃』尺五立/佐々木涼風 肉筆掛軸『恩徳讃』尺五立/佐々木涼風 肉筆掛軸『恩徳讃』尺五立/佐々木涼風 肉筆掛軸『恩徳讃』尺五立/佐々木涼風 肉筆掛軸『恩徳讃』尺五立/佐々木涼風
肉筆掛軸『恩徳讃』尺五立/佐々木涼風 肉筆掛軸『恩徳讃』尺五立/佐々木涼風 肉筆掛軸『恩徳讃』尺五立/佐々木涼風 肉筆掛軸『恩徳讃』尺五立/佐々木涼風 肉筆掛軸『恩徳讃』尺五立/佐々木涼風
クリックすると商品が拡大表示されます。
 
作家名 :
商品番号:AK-G041
販売価格 : 129,600 円(税込)
数量


作品・商品についてのお問い合わせやご質問は、
信頼・安心のアートアドバイザーが承ります。
■メールをご利用の方はコチラをクリック
■お電話はフリーダイヤル0120-473-731まで
石田恒太 画 『聖蓮華』 尺五立

石田恒太 画 『聖蓮華』 尺五立

36,720円(税込)

 
 

作品解説

佐々木涼風 筆
肉筆掛軸『恩徳讃』尺五立

 親鸞聖人晩年の和讃「恩徳讃」を古画にも造詣が深く、仏画、花鳥画において高い実力と評価を得る、日本画家 佐々木涼風画伯が、透明感あふれる色彩と流麗な筆致で、清浄な御仏の世界を表す聖蓮華とともに、厳かに格調高雅にしたためました。 


親鸞聖人の偉大なるご威徳が今ここに…。
 

心清らかに朝な夕なに拝し、親鸞聖人の熱き喜びが胸に迫る有難くも尊い肉筆掛軸
 戦や飢饉など混乱のただなかにあった平安末期に生まれ、苦しみの中、懸命に生きる民衆とともに暮らし、念仏の教えを広めた親鸞聖人。
 どのような人であっても念仏を唱えれば救われるとされるその教えは、多くの人々の心に希望と光をもたらし、時代を超えて今も人々の心を照らし続けています。
 本作『恩徳讃』は、如来大悲の御教えに導かれて今あること、この身が生かされていることへの大いなる感謝と熱き喜びが込められた、親鸞聖人八五歳の折に詠まれた和讃を現代気鋭の日本画家 佐々木涼風画伯が、繊細優美な筆致と、名筆の誉れも高い流麗な運筆でしたためた書画一体の名幅です。

蓮は泥より出でて、泥に染まらずー
極楽浄土もかくや、御仏の台のごとく蓮の花は荘厳に輝いて…

 現代日本画の名匠が、画、書ともに一幅一幅心を込めて肉筆にて描き、高級裂地をふんだんに用いた本格仏表装で仕立てた本作は、お彼岸やお盆など、ご家族やご親戚が集まる大切なご法要の席にも相応しく、また朝な夕な日々拝し唱え、清々しく心を照らす日常掛けとしてもご満足いただけることでしょう。これほどの内容にもかかわらず、このたびたいへんお求めやすい価格にてご提供いたします。
 時代を超えて親鸞聖人の熱き喜びが胸に迫る名幅『恩徳讃』。ぜひこの機会にご愛蔵たまわりますよう心よりおすすめいたします。
 

「恩徳讃」(「正像末和讃」より)
如来大悲の恩徳は、
身を粉にしても報ずべし
師主知識の恩徳も、
骨を砕きても謝すべし
(意訳)
阿弥陀様の恩徳は、この身を粉にしても報くいなければならないほどです。
またお釈迦様、私に御教えを伝えて下さった方々の恩も、
骨を砕いても感謝しつくすことはできないほどです。



 

作品詳細情報

品番 AK-G041
作品名 肉筆掛軸『恩徳讃』尺五立
作家名 佐々木涼風
技法 肉筆
紙本

絹本

画寸

110.5×41.5cm

軸寸 189×63cm
表装 仏表装
収納 直筆題字・署名入り桐箱
納期 受付後1〜3週間前後

親鸞聖人 1173年(承安3)〜1262年(弘長2)

日野有範を父として京都の地に生まれる。9歳の時に出家得度し、比叡山で修行を積むも真実の救いを見いだせず、29歳で下山。聖徳太子建立と伝えられる六角堂にて観音の夢告により法然上人のもとを訪ね、本願念仏こそ人々を救済する法であると確信し帰依する。法然上人とその教団は、当時の仏教教団の反感と朝廷におる弾圧を受け、越後国に流罪となる。この時、恵信尼と出会い子どもをもうけ、一生活者となって民衆とともに生きていく決意をし、本願念仏の教化を使命とする。その後京都に戻り、「正像末和讃」「教行証書」をはじめ多くの著書を残す。弘長2年11月28日、89歳にて入滅。

佐々木涼風 略歴

昭和19年大阪府に生まれる。美術年鑑掲載作家・翔美会会員。仏画・花鳥・風景画と得意とし、書も能くする。古画研究でも知られる。グループ展、中央展など多数出品。細やかな筆致と洗練された色彩で実力・人気ともに高い評価を得る。

 
 
 
 
 
  氏名 : 評点 :
内容 :
入力された顧客評価がありません