朝顔狗子図(あさがおくしず)/円山応挙の商品詳細

クレジットカードでご購入のお客様へ


 
 スタッフブロ...
【2017/12/1更新】皆さまこんにちは。 早いもので今年も残りわずか...
 

2017年 12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
今日
冬期休業日


フォーラムかや
インターネット通販係

〒550-0015
大阪市西区南堀江2-9-20
■TEL:0120-473-731
(フリーダイヤル)
カタログ・商品のお問い合せなど、お気軽にご連絡下さい。





 
 
   種類別検索 > 掛け軸 > 朝顔狗子図(あさがおくしず)/円山応挙
 
 <前の商品 朝顔狗子図(あさがおくしず)/円山応挙  次の商品
 
朝顔狗子図(あさがおくしず)/円山応挙 朝顔狗子図(あさがおくしず)/円山応挙
朝顔狗子図(あさがおくしず)/円山応挙 朝顔狗子図(あさがおくしず)/円山応挙
クリックすると商品が拡大表示されます。
 
作家名 : 円山応挙
商品番号:AK-OM01
販売価格 : 78,000 円(税込)
数量


作品・商品についてのお問い合わせやご質問は、
信頼・安心のアートアドバイザーが承ります。
■メールをご利用の方はコチラをクリック
■お電話はフリーダイヤル0120-473-731まで
 
 

作品解説

原画所蔵 東京国立博物館


平成30年、「戌」年の幕明けを晴れやかに彩る応挙の大傑作
『朝顔狗子図(あさがおくしず)』 円山応挙


人間国宝・岩野市兵衛漉元による特漉き和紙を用い、熟練彫師と擢師の技で美しい木版画に再現。
 江戸中期に「写生派の祖」として活躍し、後の日本画壇に大きな影響を及ぼした円山応挙。それまで花鳥画の主題としては登場しなかった仔犬を好んで描き、数多くの名品を残しています。
 『朝顔狗子図』は、応挙51歳頃、「旧明眼院」の杉戸に描いた障壁画。涼やかな朝顔に、小さな耳が垂れた愛くるしい仔犬たちの無邪気な仕草や、ふっくら温かく描かれた純真無垢な表情など、応挙の慈愛に満ちた眼差しや優しさが溢れる名高い作品です。本作は、原画を所蔵する東京国立博物館の画像データをもとに制作された、美しい木版画作品で、用紙には人間国宝、岩野市兵衛漉元による特漉き和紙を用い、木版画の職人たちが杉戸の板目までをも忠実に再現。現代の名匠が、技術の粋を集めて見事に甦らせました。
 

円山応挙(享保18(1733)〜寛政7(1795)年)
石田幽汀に狩野派の画法を学び、幽汀の写生的画法に宋・元画の技法を取り入れると共に、西洋画の遠近法を研究。さらに中国の写生画技法も会得し、円山・四条派と呼ばれる新しい絵画技法を確立した。

作品詳細情報

品番 AR-OM01
作品名 朝顔狗子図
作家名 円山応挙
技法 木版画
限定数 300幅
画寸 25.0×37.0cm
軸寸 100.0×55.0cm
表装 三段表装
付属品 桐箱
版数・色度数 23版33度摺
用紙 特漉き和紙(人間国宝・岩野市兵衛漉元)
原画所蔵・画像データ 東京国立博物館Image:TNM Image Archives
納期 受付後1〜3週間前後
 
 
 
 
 
  氏名 : 評点 :
内容 :
入力された顧客評価がありません