クレジットカードでご購入のお客様へ


 
 

フォーラムかや
インターネット通販係

〒550-0015
大阪市西区南堀江2-9-20
■TEL:0120-473-731
(フリーダイヤル)
カタログ・商品のお問い合せなど、お気軽にご連絡下さい。





 

 
スタッフブログ
 
古川剛『燿油滴天目茶盌』

桜が咲き誇る中、真新しい制服に身を包み、緊張の面持ちで通学する学生たちを目にしました。
何十年も前のことになりますが(^^; 私も同じ道をたどったなぁと毎年この時期になると振り返ります。
あの頃の自分に言うならば、“時間を大切に”でしょうか。いつかは…と後回しにしていたことも多く、今となっては何故やらなかったのかと反省することもしばしば。
学生のみなさん、そして新入社員のみなさん、今を大切に羽ばたいて頂きたいと思います。
わたくしの反省はさておき、4月13日より奈良国立博物館で、藤田美術館所蔵の国宝「曜変天目茶盌」が展示されます。時の権力者や富豪たちを魅了した美しい輝きを関西で目にできる貴重なチャンスなので、ぜひ私も足を運んでみたいと思います(^^)。
「天目」といえば、 “今”や天目釉の第一人者として他の追随を許さず、天目の故郷、中国でも高い評価を受ける古川剛氏の燿油滴天目茶盌』『禾目天目茶盌でございます。
「油滴」「禾目」「曜変」と焼造窯によって胎土、釉色、文様が異なりそれぞれに美しい輝きを放つのが天目茶盌の魅力ですが、古川氏はそのなかでも「油滴」と「禾目」に焦点をあて、二十数種類もの天目釉を生みだしています。

その洗練されたフォルムに吸い込まれるような光彩、古川氏の作品はどこを切り取っても息を飲む美しさで見飽きることがありません。今後ますます入手困難になることが予想され、こうしてご用意できるのは非常に貴重な機会でございます。“今”しかないこの出会いを、貴方様のその目でご照覧くださいますと幸いに存じます。


→トップページに戻る